読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
フィンランドの大学に交換留学生として 留学しています。
日々の出来事、フィンランドの自然や文化、自分の思ったことなど
気まぐれに更新していきます♪

なぜフィンランド?

留学といえば、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどが人気のなか、なんでフィンランドなの?って聞かれることがしばしば。

なので、私がフィンランドに留学を決めた理由をここでは書きたいと思います。

f:id:jtf2016:20160910192416j:image

 

北欧に興味を持ったきっかけ

  1. 私が高校生の時に、スウェーデンから留学生が私のクラスにやって来たこと。
  2. お母さんの知り合いの方が、フィンランド人と結婚して、移住することになったこと。

 

この2つの出来事が同じ時期に重なり、今まで全然知らなかった北欧諸国に興味を持つようになりました。

 

調べていくうちに、税金が高いけれど、福祉や教育の面において、とても充実していることがわかり、私は小さい頃から教師になるのが夢だったので、日本とは違う教育方法に興味を持ち、勉強してみたいと思うようになりました。

 

フィンランド留学が決まるまで

そんなこんなで北欧に興味を持った私は、北欧諸国について勉強できる学科のある大学に行きたかったのですが、学力が足りず、受験戦争にもまれて、国際系の学部のある今の大学に入学。

 

大学に進学したのは、教職を取ることと、長期留学にいくことが目的だったので、入学後すぐ交換留学制度について情報を集めはじめました。

 

ラッキーなことに、フィンランドスウェーデンの学校とも提携を結んでおり、TOEFLのスコアなどの条件もクリアしていたので、教育学部があるフィンランドに出願しました。

 

英語圏にしようか、迷いもしましたが、せっかくの長期の留学なので、英語力の向上だけを目的に行くのももったいないかなと思い、他に何か目的を持って行くならば、フィンランドの教育を学びたいという気持ちがあったので、フィンランドに決めました。

 

その後二次試験の集団面接を経て、合格通知を受け取ることができました。

f:id:jtf2016:20160910200026j:image

 

将来にどうつながるのか

フィンランドの教育を学んで、将来それを日本で応用できるかと言われると、それはわかりません。フィンランドの人口だからこそできる教育かもしれないし、今までの教育方針を変えることは無理かもしれない。

 

フィンランド語にしても、話されているのはフィンランドだけだし、英語で通じる人も多いので、学んだところでどうなるの?と聞かれれば、返す言葉もありません。

 

今の時点では、日本で教師になるのが夢ですが、それも今後考えが変わるかもしれません。

 

この留学が 将来わたしの進路にどう関わってくるか 今はまだ見えませんが、今興味のあること 、やりたいと思ったことをやるというスタンスで私は動いています。 自分の直感を信じて動きなさいと、よく母に言われます。 

 

スティーブジョブズの有名なスピーチで、こんな言葉があります。

You can't connect the dots looking forward. You can only connect them looking backwards, so you have to trust that the dots will somehow connect in your future.

将来を見据えて、点(出来事)と点(出来事)を結びつけることはできません。後で振り返って見たときにしか、点と点を結びつけることはできないのです。

だから、今やっていることが将来どこかで繋がると信じてください。

  

このスピーチ、本当に心に響くので、興味のある方は是非見てみてください。

日本語字幕付きです。

スティーブ・ジョブス 伝説の卒業式スピーチ(日本語字幕) - YouTube

 

回り道もしたけれど、結果、フィンランド留学という高校生の時からの夢を叶えることができて本当に良かったと思っています。